古物・古物営業とは?

古物とは?

  • 一度使用された物品。
  • 使用されない物品で使用のために取引されたもの
  • これらのいずれかの物品に「幾分の手入れ」をしたもの

新品は含まれないことになります。

次の13品目に分類されます。

美術品 衣類 時計・宝飾品
自動車 自動二輪車及び原動機付自転車 自転車類
写真機類 事務機器類 機械工具類
道具類 皮革・ゴム製類品 書籍
金券類

古物営業とは?

古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、交換する営業をする場合、都道府県公安委員会の許可が必要になります。

許可を受けられない人

  • 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ない者
  • 禁錮以上の刑に処せられ、又は一定の犯罪により罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることのなくなった日から起算して5年を経過しない者
  • 古物営業の許可を取り消されて5年を経過しない者
  • 営業に関し成年者と同一の行為能力を有しない未成年者。(ただし、その者が古物商又は古物市場主の相続人であつて、その法定代理人が前各号のいずれにも該当しない場合を除く)
  • 法人の役員のうちに上記のいずれかに該当する者があるもの

許可申請に必要な書類

必要書類 個人 法人
法人の登記事項証明書 ×
法人の定款 ×
住民票
申請者と営業所の管理者

監査役以上の役員全員と営業所の管理者
身分証明書
同上

同上
登記されていなことの証明書
同上

同上
略歴書
同上

同上
誓約書
同上

同上
営業所の賃貸借契約書のコピー (必要に応じて) (必要に応じて)
営業所の使用承諾書 (必要に応じて) (必要に応じて)
URLを届け出る場合は、プロバイダー等からの資料等 (必要に応じて) (必要に応じて)
サブコンテンツ

行政書士さくま事務所

仙台駅から徒歩5分・あおば通駅から徒歩1分。アクセスに便利です。

このページの先頭へ