技術ビザ

システムエンジニアとして外国人を雇いたい!
卒業後、コンピュータープログラマーの仕事に就く!
理系の留学生を雇用したい!

理系を専攻して大学を卒業した外国人の方が、IT関連の技術者、機械の設計者で日本の企業に就職する場合などに必要となるビザです。

「技術」の在留資格で長期に渡り滞在するならば、下記の基準省令のどれかに適合してなければなりません。

許可基準

学歴要件

  • 大学で、従事しようとする業務の必要知識を専攻し卒業していること。又はこれと同等の教育を受けていること。
  • 従事しようとする業務に必要な技術文は知識に係る科目を専攻して本邦の専修学校の専門課程を修了したこと。
  • 10年以上の実務経験を有すること。

【ポイント】
大学等の専攻科目と従事しようとする業務との一貫性や整合性が重要ですし、専門知識の高さも要求されます。

給与の基準

給与は、当該外国人が日本人がその業務に従事する場合に受ける報酬と同等、あるいは同等額以上の報酬を受けること。

【準備する書類】

例えば、大学等の成績証明書や卒業証明書、実務経験を証する書類、その他資格を証する書類、日本での住まいを証する書類などを用意する必要があります。

呼び寄せる側としては、雇用契約書、履歴事項全部証明書や会社案内等の会社情報、直近の決算書(新規事業の場合は事業計画書)、その他営業許可書などを準備することになります。
経営の安定性・継続性が重要視されていることを意味します。

必要があるから呼び寄せる
卒業後、日本で働きたい

特に日本で在留資格「留学」で滞在している方は、しっかり学校で勉強をしましょう。
やることをキチンとやっていれば、結果は自ずとついてくると思います。

022-398-4673

お問い合わせ

サブコンテンツ

仙台・宮城 ビザ申請・在留資格サポートWeb

郡山市出身の行政書士、佐久間でございます。

弊事務所は仙台駅から徒歩5分、あおば通駅から徒歩1分。

アクセスに便利です。

ビザ・在留資格のご相談はお気軽にどうぞ!

メールは24時間受付中です!

対応地域は東北6県(宮城県・山形県・福島県・秋田県・岩手県・青森県)です。

このページの先頭へ