技能ビザ

コックさんを呼びたい!

「技能」の在留資格で長期に渡り滞在するならば、下記の基準省令に適合してなければなりません。
(原則として、下記の9種類の業務以外では在留資格「技能」を取得することはできません)

例えばコックさんの場合、原則10年の経験がないとビザが下りません。

この10年間の経験を立証することが非常に重要です。

例えば、在職証明書、退職証明書、その他資格を証する書類、又は在職時の写真や働いていたレストランの写真やメニューなどを用意する必要があります。

呼び寄せる側としては、雇用契約書、履歴事項全部証明書や会社案内等の会社情報、直近の決算書(新規事業の場合は事業計画書)、営業許可書などを準備して「キチンと営業をしてますよ~」ということを立証しなければなりません。
これは呼び寄せる側の、経営の安定性と継続性が重要視されていることを意味します。

必要があるから呼び寄せる

本当に必要であれば、書類もしっかりしたものが集まると思います。

給与は、当該外国人が日本人がその業務に従事する場合に受ける報酬と同等、あるいは同等額以上の報酬を受けることが条件です。

技能ビザの基準省令

第1号 外国料理、外国食品の製造・加工
例:中華料理・フランス料理・インド料理のコックさん。パティシエも該当します。
基本的に10年以上の実務経験が必要です。
(タイ料理のコックさんは、日タイEPAにより実務経験は5年以上)

第2号 外国特有の建物、土木にかかる技能
例:ゴシック様式・バロック様式の建物建築職人など。
基本的に10年以上の実務経験が必要です。

第3号 外国特有の製品の製造、修理
例:ガラス製品・ペルシャ絨毯の製造や修理の職人など。
基本的に10年以上の実務経験が必要です。

第4号 宝石、貴金属、毛皮加工
例:ジュエリー職人。売る人ではなく、加工する人です。
基本的に10年以上の実務経験が必要です。

第5号 動物の調教
基本的に10年以上の実務経験が必要です。

第6号 石油探査のための海底掘削、地熱開発のための地質調査
基本的に10年以上の実務経験が必要です。

第7号 航空機操縦士
1,000時間以上の飛行経験を有するものなど。

第8号 スポーツ指導者
基本3年以上の指導歴又はオリンピックか世界選手権出場レベルの出場歴がある者

第9号 ソムリエ
5年以上の実務経験と国際ソムリエコンクールで優秀な成績を収めた者など

1号~6号は、原則10年以上の実務経験が必要です。

技能ビザの基準省令に適合するならば、そのことを立証するために様々な書類を整えることになります。

実務経験をごまかすようなことがあれば、それは後々自分の首を締めることになりますので、ご注意を。

022-398-4673

お問い合わせ

サブコンテンツ

仙台・宮城 ビザ申請・在留資格サポートWeb

郡山市出身の行政書士、佐久間でございます。

弊事務所は仙台駅から徒歩5分、あおば通駅から徒歩1分。

アクセスに便利です。

ビザ・在留資格のご相談はお気軽にどうぞ!

メールは24時間受付中です!

対応地域は東北6県(宮城県・山形県・福島県・秋田県・岩手県・青森県)です。

このページの先頭へ