人文知識・国際業務ビザ

翻訳・通訳で外国人を雇いたい!
卒業後、貿易関連業務に仕事に就く!
語学学校の教師として招きたい!

「人文知識・国際業務」の在留資格で長期に渡り滞在するならば、下記の基準省令に適合してなければなりません。

「人文知識」の場合

  • 大学で、従事しようとする業務の必要知識を専攻し卒業していること。もしくは、それと同等の教育を受けていること。又は原則10年の実務経験がないとビザが下りません。
  • 給与は、当該外国人が日本人がその業務に従事する場合に受ける報酬と同等、あるいは同等額以上の報酬を受けること。

【ポイント】
大学等の専攻科目と、従事しようとする業務との一貫性や整合性が重要です。また、大学・専修学校での成績や出席率も関係があります。
普通に学校に通っていれば、それほど問題にはなりませんが、休みがちの場合はなぜ休みがちだったのかを疎明する必要が出てくることもあります。

「国際業務」の場合

以下の基準のすべてを満たしている必要があります。

  • 翻訳,通訳,語学の指導,広報,宣伝又は海外取引業務,服飾若しくは室内装飾に係るデザイン,商品開発その他これらに類似する業務に従事すること。
  • 従事しようとする業務に関連する業務について三年以上の実務経験を有すること。ただし,大学を卒業した者が翻訳,通訳文は語学の指導に係る業務に従事する場合は,この限りではありません(翻訳,通訳,語学の指導に関しては、基準が緩和されています。
  • 給与は、当該外国人が日本人がその業務に従事する場合に受ける報酬と同等、あるいは同等額以上の報酬を受けること。

【準備する書類】

例えば、大学等の成績証明書や卒業証明書、実務経験を証する書類、その他資格を証する書類、日本での住まいを証する書類などを用意する必要があります。

呼び寄せる側としては、雇用契約書、履歴事項全部証明書や会社案内等の会社情報、直近の決算書(新規事業の場合は事業計画書)、その他営業許可書などを準備することになります。
これは呼び寄せる側の、経営の安定性と継続性が重要視されていることを意味します。

必要があるから呼び寄せる
卒業後、日本で働きたい

特に「留学」で滞在している方は、しっかり勉強をしましょう。
やることをキチンとやっていれば、結果は自ずとついてくると思います。

022-398-4673

お問い合わせ

サブコンテンツ

仙台・宮城 ビザ申請・在留資格サポートWeb

郡山市出身の行政書士、佐久間でございます。

弊事務所は仙台駅から徒歩5分、あおば通駅から徒歩1分。

アクセスに便利です。

ビザ・在留資格のご相談はお気軽にどうぞ!

メールは24時間受付中です!

対応地域は東北6県(宮城県・山形県・福島県・秋田県・岩手県・青森県)です。

このページの先頭へ