在留期間更新許可申請

在留期間更新許可申請は、在留資格の期限を延長をしたい時に申請をします。

この許可を受けると、現在の期間が満了した後でも、日本で暮らすことができるようになります。

申請は、在留期限の到来する前に、居住地を管轄する入国管理局で行います。
(3ヶ月前から受け付けてもらえます)

在留資格「技術」「人文知識・国際業務」などを有して就労されている方が、期間満了後も引き続き就労することを希望される場合、早めに準備をするようにしましょう

ポイント

同じ仕事に転職した場合(例えば中華料理店から中華料理店に転職)は、通常の在留期間更新許可申請で提出する書類では不足が生じることになります。

転職先企業に関する立証書類も必要になりますし、在留資格変更許可申請の提出書類と同程度の書類が必要になる可能性があります。
(残っている在留期限によっては、就労資格証明書交付申請をすることになります)

また、
転職前の仕事内容と転職後の仕事内容が異なる場合には、在留資格変更許可申請を行うことになります。

022-398-4673

お問い合わせ

サブコンテンツ

仙台・宮城 ビザ申請・在留資格サポートWeb

郡山市出身の行政書士、佐久間でございます。

弊事務所は仙台駅から徒歩5分、あおば通駅から徒歩1分。

アクセスに便利です。

ビザ・在留資格のご相談はお気軽にどうぞ!

メールは24時間受付中です!

対応地域は東北6県(宮城県・山形県・福島県・秋田県・岩手県・青森県)です。

このページの先頭へ