在留資格認定証明書交付申請

法務大臣が発行する証明書の事で、外国人の方が日本で予定している活動が上陸のための条件に適合しているかどうかについて法務大臣が事前に審査を行い、条件に適合する場合に交付される証明書のことです。

ビザ発行までにかかる日数が数段短縮されます。
(事前に審査を終えているので、特別な事情が当該外国人にない場合にはビザ発行・入国許可されますが、必ず入国できるとは限りません)

なお、在留資格証明書は発行後3ヶ月以内に日本に上陸申請しないと失効してしまいますので、あらかじめ入国のスケジュールを定めて申請してください。

  • コックさんを招へいしたい。
  • 外国人の奥さんを呼びたい。
  • 日本に在留する外国人の方が、外国から家族を日本に呼びよせたい。

というような場合に便利です。

また、現在「短期滞在」等の資格で在留する外国人本人が、新たな在留資格についての申請を行うこともできます。

【在留資格「技能」への申請の場合】

在留資格「技能」は中華料理などのコックさんを招へする場合等の在留資格です。

外国人本人に関する書類

  • パスポートのコピー
  • 写真1枚(縦4cm×横3cm)
  • 履歴書
  • 職歴を証明する書類(コックの経験が10年以上必要)

会社(お店)に関する書類

  • 雇用契約書のコピー
  • 法人登記をしていれば、法人登記簿謄本
  • 営業許可書
  • 案内書(パンフレット、店舗図面など)
  • メニュー表
  • 直近の決算書類(事業計画書)
その他
  • 在留資格認定証明書交付申請書
  • 申請理由書
  • 採用理由書
など

022-398-4673

お問い合わせ

サブコンテンツ

仙台・宮城 ビザ申請・在留資格サポートWeb

郡山市出身の行政書士、佐久間でございます。

弊事務所は仙台駅から徒歩5分、あおば通駅から徒歩1分。

アクセスに便利です。

ビザ・在留資格のご相談はお気軽にどうぞ!

メールは24時間受付中です!

対応地域は東北6県(宮城県・山形県・福島県・秋田県・岩手県・青森県)です。

このページの先頭へ