日本人の配偶者等ビザ

外国人と結婚したので、日本に呼び寄せたい!
就労ビザから結婚ビザに変更したい!

結婚ビザ配偶者ビザと呼ばれています。

「日本人の配偶者等」の「日本人の配偶者」は日本人と国際結婚した方です。
これはわかりやすいと思います。

では、「日本人の配偶者等」の「等」とは一体何なのでしょうか。

「等」とは「特別養子」と「日本人の実子」を指します。
日本語は難しいですね(笑)

日本人の配偶者

【ポイント】
  • 「配偶者」とは、法的に有効な婚姻関係のある方である必要があります。
    従って、内縁の配偶者は含まれません。
  • 法律上の婚姻関係が成立していても、一緒に暮らしてない・お互い協力しあって生活をしていない…など、婚姻の実体が伴っていない場合には、在留資格該当性が認められず、在留期間更新は難しいものになります。

【準備する書類】

『日本人の配偶者』の場合

以下に上げた書類は、準備する書類の基本的なものです。
これだけでいいかと言えば、そうでもありません。

結婚の真実性を証明できるのであれば、その他の書類も添付しましょう。

では、なぜ「配偶者」で用意する書類に、勤務先の情報に関する書類が必要なのでしょうか。

それは、その書類で結婚した後の生活が成り立つのかを判断するわけです。

仕事がなくても(できなくても)、うなるほどの資産があれば別でしょうけども、一般の方が「来月の電気代が払えない」なんて言ってたら、結婚生活なんて出来ないですよね。

その辺りは、納税証明書・課税証明書でも見られるところです。
(収入がどのぐらいあるか。税金の支払いの有り無し・支払いがあるなら、その納税の状況)

「申請人」
・履歴書
・外国機関発行の結婚証明書(例:中国は戸口簿、公証書、結婚証明書)
・スナップ写真(手紙やメール及び通話記録)など。

「配偶者」(日本人)
・質問書(入管のHPからダウンロード)
・市県民税の納税証明書・課税証明書
・住民票の写し
・在職証明書
・会社の情報(履歴事項全部証明書等)
・直近の決算書など。

「身元保証人」
・身元証明書
・身元保証人の印鑑登録証明書。

日本人の配偶者等ビザの許可が難しい例

  • 日本人配偶者の方の収入がない(少ない)。
  • 交際歴が短い(ほとんどない)。
  • そもそも数回しか会ったことがない。
  • いわくつきの結婚相談所経由で知り合った。
  • 外国人の配偶者が過去にオーバーステイや犯罪の履歴がある。

長年の恋が実った
一生涯の伴侶を得た

結婚に真実性があり、虚偽の結婚ではない。
仕事もしているし、住まいもある。

やることをキチンとやっていれば、結果は自ずとついてくると思います。

022-398-4673

お問い合わせ

サブコンテンツ

仙台・宮城 ビザ申請・在留資格サポートWeb

郡山市出身の行政書士、佐久間でございます。

弊事務所は仙台駅から徒歩5分、あおば通駅から徒歩1分。

アクセスに便利です。

ビザ・在留資格のご相談はお気軽にどうぞ!

メールは24時間受付中です!

対応地域は東北6県(宮城県・山形県・福島県・秋田県・岩手県・青森県)です。

このページの先頭へ